自転車での日本一周旅行記です。冷やし中華のように、爽やかに全国を駆け巡ります。(9/16に無事ゴールしました。応援ありがとうございました。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えりもの夏は 風と霧の夏です。
現在位置:北海道えりも町
本日の走行距離:130Km

居心地が良いからといって、いつまでもダラダラしてはいけないと思い、早朝にカニの家を出発しました。

R236を南下して、ナウマンゾウの街・忠類(ちゅうるい)、大樹(たいき)、広尾を通って海岸沿いのR336に。
片方は切り立った崖、もう片方では荒波が打ちくだけるこの難所、道路を設けるために莫大な費用がかかったことから「黄金道路」と呼ばれているのです。

黄金道路

自転車にとっても、トンネル、覆道が続く辛い道。
えりも特有の強風にもあおられながら、なんとかクリアしました。


14:00過ぎ、近づくにつれて霧が濃くなっていくなか、襟裳岬に到着。

襟裳の夏

日高山脈の先っちょが海中に飛び込む様は圧巻で、お土産屋さんでエンドレスリピートされている森進一のしゃがれた歌声と共に、強烈な印象を残してくれました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。