自転車での日本一周旅行記です。冷やし中華のように、爽やかに全国を駆け巡ります。(9/16に無事ゴールしました。応援ありがとうございました。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本一周、終わりました。
現在位置:東京都江戸川区(自宅)
本日の走行距離:133km

水戸の漫画喫茶で朝を迎え、今日中のゴールを目指して出発。
国道6号を南下し、土浦に入ったところで地元のサイクリストに声をかけられました。

がっしりとした足腰に
「60歳くらいかな、元気な方だなぁ」と感心していたら、このHさんはなんと御年73だと判明しました。
毎夏にはツーリングをされて(しかも険しいルートばかり)、昨年は箱根峠を登り、更に主催するサークルで100kmウォークもこなすと言うので2度ビックリ。
私がおじさんになったら……うーん、さすがにここまでは活発になれません。

せっかくなので、Hさんに霞ヶ浦と牛久の大仏を案内していただき、記念写真を撮りました。

霞ヶ浦前で

高さ120mのギネス大仏

2箇所ともにスケールの大きさで僕の心を攻めてきましたが、特にギネスにもその大きさが認定されている牛久大仏は桁外れのビックマン。
奈良の大仏が手のひらに乗ってしまうそうですから、僕なんぞは鼻糞鼻毛みたいなものでしょう。

牛久市内までHさんに送ってもらった後は、ただただ自宅を目指しました。
千葉に入り、柏、松戸と6号線沿線の街中を通り抜け、ついに東京都入り。
最後は、走りなれた自転車道で自宅まで向かいました。

走馬灯のように(と言う表現はこういうときに使うのか分かりませんが)浮かび上がってくるこれまでの日々。
しかし僕はそれを無理やり打ち消しながらペダルを漕ぎました。

思い出に浸って集中力を切らすと事故に繋がりかねません。
昨年のツーリングで、800km無事に走った挙句ゴール前5mで転倒し目の前を歩いていたお姉さんに笑われた、あんな思いだけはごめんです。
日の落ちた川沿いをゆっくりゆっくりと走りました。

久々の地元。
新しいコンビニが出来ていたり、町の様子も少しだけ変わっていましたが、ちゃんと自宅はそこにありました。

午後8時過ぎ、自宅に到着。
その瞬間、5ヶ月間に及んだ旅が終わりました。

スポンサーサイト

テーマ:自転車旅行 - ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。